Wings of iridescence

I love the beautiful world. So I take pictures.

| Homepage | Facebook | Flickr | Instagram | Tumblr | Twitter |
美しい世界が好きで、写真を撮っています。
写真関係を中心に、その他備忘録等いろいろとだらだら書いています。
☆さらに詳しくはコチラ☆

"PHOTO IS" 思いをつなぐ。30,000人の写真展 [気になる]

今年も30,000人の写真展があると、最近知りました!
昨年は展示会場が函館は無かった気がしましたが、今年は復活(*´ω`)
何を応募しようか、考えなければ!

photo-is.jp

 

 ○"PHOTO IS" 思いをつなぐ。 30,000人の写真展

公序良俗に反しない限り、全ての作品が展示される写真展。
昨年は函館の会場が無く見送った記憶があります……!
今年は復活したようなので、応募してみようかしら(*´ω`)

作品募集期間:2015年3月20日(金)~5月31日(日)
応募専用台紙:476円(税別)
展示会場:全国29都市 (7月~11月にかけて、各会場、金曜~日曜の3日程度)
     ※函館 五稜郭タワー 9/11(金)~9/13(日)

photo-is.jp

函館ではサテライト会場という地域密着型の小規模展示会場とのこと。
場所は五稜郭タワー、期間は9/11(金)~9/13(日)と予定されています♪
五稜郭タワーということは、展示場所はアトリウムでしょうか?(*´ω`)
たくさん並んだ作品を見ることが今から楽しみです!

 

○応募方法と函館周辺での受付店

専用の台紙を購入し、お店プリントの写真を張り付け、応募する形のようです。

専用の台紙は、店頭販売もしくはオンラインショップで購入可能とのこと!
お店プリントのサイズは、大きいタイプで『六切』『六切ワイド』『四切』『四切ワイド』『A4』の5種類。ただし、基本は横構図で、縦構図が可能なのは『六切』のみだそう。
応募も、台紙を店頭販売しているお店か、郵送で受け付けとのこと。また応募点数は各会場、お一人さま1点とのこと。

詳細は以下のサイトで!(●´Д`●)

photo-is.jp

また函館周辺での応募受付店は以下の7店のようです。
各店とも『台紙販売』『応募受付』でき、カメラのニセコさんでは『店頭返却』にも対応されているようです。

(※以下リンクより

photo-is.jp

返却は応募時に指定可能で、①返却不要(無料)②自宅返却(税別952円)③対応している販売店での店頭受取(無料)、の3種類から選ぶ形です。
発送作業や送料がかかるためなのか自宅返却がやたら高いので……もし受け取る場合は店頭受取したいところ。その場合、函館周辺で対応してくださるのは「カメラのニセコさんとなるようです。

 

○さいごに

なんといっても、全作品展示される点が魅力の写真展!
WEB上に写真をUP出来るとても便利な時代になり、プリントする機会が減った昨今。プリントされない方にとっては、モニタで見るのとはまた違うプリントに触れてみる良いチャンスでもあると思います♪

(※モニタとプリントでの大きな違いは以下2点。①光の再現方式の違い、画面自体が発光する光の色で見るモニターに対し、反射光で見るプリント。②有効解像度の違い、現時点では高くても200万画素程度(4Kで800万画素)のモニターに対し、プリントでは300DPIで六切で700万画素、A4で870万画素、四切で1000万画素程度のドット数が表現される。)

また、同じ地域の写真を通した交流としても魅力的です♪
個人では個展でも無い限り写真を展示する機会がなかったり、WEB上に作品をUPする場合でさえSNSが違えば互いに作品を見る機会がなかったりします。
地域の様々な方の作品が並ぶと、普段見られない方の作品を拝見出来る良い機会になります.。゜+.(´▽`)。+.゜+・

応募台紙の購入・お店プリントの注文が必須となるので、コスト的負担は避けられません。特に1会場に応募可能な作品は1点なのに対し、お店プリントでは3枚以上で安くなる場合なども多く、「1枚だけプリントするのもな~、でも2枚目以降何をプリントしよう...…」と小さな悩みも生まれたりします笑
そのあたりはうまーくお友達同士で一緒に注文しちゃうのもありかもですね(*´ω`)←

 

(*´∀`) Maya Contact ( ´Д`*)
Facebookm3yamada
Twitter@7DollNxL
Instagram@mayaphgrphy
G-mail:7dollnxl@gmail.com