Wings of iridescence

I love the beautiful world. So I take pictures.

| Homepage | Facebook | Flickr | Instagram | Tumblr | Twitter |
美しい世界が好きで、写真を撮っています。
写真関係を中心に、その他備忘録等いろいろとだらだら書いています。
☆さらに詳しくはコチラ☆

5 Days Art Challengeが回ってきた [ 気になった ]

Facebookにて、『5 Days Art Challenge(Facebook Art Challenge)』なるバトンが回ってきました。

色々面白いなーと思ったので、まとめておきます。

f:id:iriswing:20130420163649j:plain

 ○5 Days Art Challenge(FacebookArtChallenge)

仕組みは要約すると

  1. バトンが誰かから回ってくる(指名される)
  2. バトンが来たら、5日間に渡り毎日3作品をUPする
  3. 5日間作品のUPと同時に、毎日1人を指名しバトンを渡すという感じです。

バトンを渡すために指名することを「ノミネート」と呼んでいるようです。

 

○5 Days Art Challengeの意義

バトンが流れていくことでアートの繋がりが見える不思議な魅力がある、このアートチャレンジ。Facebookでは「#Facebookartchallenge」のタグでUPされた作品を見ているだけでも、まるで美術館の中を歩いているような気分になれます♪

またアートを通した交流や、繋がりの広がりにも貢献しそうです(*´ω`)

f:id:iriswing:20130420163957j:plain

○5人指名の壁

自分に回って来てとりあえず思ったのは、5人もの方にバトンを渡す大変さです。
バトンを頂いたころ、身近にバトンを渡せそうな方たちも次々に「5 Days Art Challenge」の作品をUPし出すような状態でした。

この点では、ほぼねずみ講状態で、バトンを渡せるような方を探すのがとても億劫なので、私はバトンを渡すことを諦めました笑

もう少し、そのあたりのハードルは低い方がありがたいのにな~と思うのですが……。

 

逆に考えると、バトンを渡さなければいけない人数がある程度多い方がこのイベント自体が潰えにくい可能性を感じました。

個人的には、1人から1人に渡っていくアートチャレンジが(もちろん何回目のバトンかカウント付きで)どこまで繋がっていくのか、という方がとても興味深いのですが、1人から1人へのバトンでは、どこかで面倒くさがりな一人に当たってしまっただけで消滅してしまう可能性が高いです。

その点、5人へ5日かけてバトンする、という仕組みは、1度に複数人指名する手間を分散し目標を低くする形で確実性を高めており、収集がつかないほどに広めるにはとても合理的な仕組みなのだろうな―、と感じました。

f:id:iriswing:20130420164354j:plain

面倒くさがりな僕は、バトンを頂いて数日経ってやっと投稿を始めています←

遅くてほんとゴメンナサイ(>_<)w

Facebookm3yamada
Twitter@7DollNxL
Instagram@mayaphgrphy
G-mail:7dollnxl@gmail.com