Wings of iridescence

I love the beautiful world. So I take pictures.

| Homepage | Facebook | Flickr | Instagram | Tumblr | Twitter |
美しい世界が好きで、写真を撮っています。
写真関係を中心に、その他備忘録等いろいろとだらだら書いています。
☆さらに詳しくはコチラ☆

ドレスの色問題 [ 気になった ]

twitterで話題になっていた、ドレスの色問題。
ちらっと気になりいろいろ試してみました。

 

○ドレスの色問題!

事の発端は、とあるドレスの写った画像。

『黒×青』と『白×金』の二つの見え方があるらしく、どちらに見えるかで意見が分か、話題になったようです。

詳細は以下が詳しいです。


青黒?白金?このドレス何色に見える?Twitterで大論争 - Togetterまとめ

 

結論的には『ホワイトバランスの錯視』のようですが、どー見ても自分には『白×金』には見えませんでした!

逆光から青い部分を影であると認識した場合、影の色を脳が白色に補正してみた結果『白×金』の見え方になるようです。

見え方の違いについては以下の記事が非常に詳しいです。


なぜドレスの色の錯覚はおきたか?-色の恒常性- - Sideswipe

 

○再現テスト!

すでに上記の記事にもあるように、誰かがすでに行っていることですが……。
私も、画像をホワイトバランス補正し『黒×青』と『白×金』の二つの見え方を再現してみました。

f:id:iriswing:20150228001834j:plain

左から、『元画像』/『色温度を下げる補正』/『色温度を上げる補正+露出補正』をかけたものです。

確かにそれっぽいような気がします(´・ω・`)

 

もしかしたら色覚の違いによる影響もあるのでは?と、色覚シミュレータした画像も上と同じ補正を翔けてみました。

f:id:iriswing:20150228002107j:plain

(※左から『元画像』/『色温度を下げる補正』/『色温度を上げる補正+露出補正』済み。

うーん、特別違いは発見できませんでした(-ω-)

○悩ましいホワイトバランス

自分の目での見え方と写真の写りでは、ホワイトバランスがかなり違うことがあります。人の目の補正力のすごさを感じると同時に、カメラの写りの方が精度がある気がしています(ホワイトバランスの合わせ方ではなく、違いの写り込み方として)。

写真の場合は、目で見えるより色温度差が強く写り込むような場合を体験し、基準の色温度だけでなく色温度にダイナミックレンジ的な写り込む幅があるような気がしています。表現したい色へ近づけるには、補正が悩ましいです笑

専門的に学ぶときっと深いのだろうなと思いますが、熟知しホワイトバランスや色を補正出来れば、また違う世界が見えてくるのだろうとワクワクする、とても興味深い部分です・:*:・(●´Д`●)・:*:・