Wings of iridescence

I love the beautiful world. So I take pictures.

| Homepage | Facebook | Flickr | Instagram | Tumblr | Twitter |
美しい世界が好きで、写真を撮っています。
写真関係を中心に、その他備忘録等いろいろとだらだら書いています。
☆さらに詳しくはコチラ☆

五稜郭タワー創業50周年記念『道南フォトコンテスト』 [ 応募してみた ]

道南フォトコンテストが本日募集締め切りだったようです。私も先日、拙作ながら応募させていただきました!

どう考えても、展示会にはとても素敵な作品が並ぶであろうことは想像に難くないので、今から見るのが楽しみであります♪

五稜郭タワー創業50周年記念『道南フォトコンテスト』作品募集中♪
五稜郭タワー創業50周年記念『道南フォトコンテスト』作品募集中♪ | GO太くん★ブログ


【募集】道南フォトコンテスト写真募集/五稜郭タワー(株) / 函館・南北海道観光ガイド

 

 

f:id:iriswing:20140502163303j:plain

ぼけぼけながら、すぐ見つかった五稜郭タワーの写った写真(※応募作品ではありませーん

 

○お店プリントしてみました! 

お家のプリンタで出力してもよいのですが、せっかくなので写真屋さんのプリントで提出しました。昨年、安いながらもプリンターを購入したのですが、インクジェットとレーザーではきっと見え方も違うのだろうなーと、いう比較経験という意味合いでもお店プリントに♪


カメラのニセコ WEB - cameranoniseko ページ!

まぁ、同じサイズの四つ切ワイドの紙がない!ということで、お家プリントで同じものを出せていないわけですが←怠惰

 

○函館・道南の魅力掘り起こし!

フォトコンテストの効果を考えてみると、①魅力の認識・確認②魅力の発掘・発見③魅力の発信・PR、などがあげられるでしょうか。(※mayaの適当調べ

函館・道南という地域の中を象徴する魅力には、以前からどんなものがあったのか、新たに注目されるものはないか、そしてそれを観光に活用出来ないか……写真を撮りそれらが評価される、という行為を通してそういったものが洗練されるのでしょう♪

それらが魅力発信に繋がるのは素敵なことで、写真を撮る人たちの活動を有意義にするひとつの手段に感じられます。

 

○応募作品を撮るには!

しかしこれは撮る側から考えてみるといばらの道です。

そもそもオーソドックスな場所(夜景、元町教会群、五稜郭などなど…)は人気が集中しがちです。競合しないよう差別化を考えると避けるか何らかの工夫をしたいところ。

また、だいたい良く撮れた写真は他で使ってしまっていたりするので、"応募作品は未発表に限る"というのも苦い縛りです……。あまり気にしなくていいのではないか?という話もありますが、ネットに写真をUPするのが当たり前になった時代、不安なく提出出来るわかりやすい表記に変えてほしいなーと思ったりもします。

 

iPhoneスマホまで敷居が広がっても面白そう

もうiPhoneスマホ部門とか、Instagram部門、とか作っちゃえばいいのにとw

写真がどんどん身近になっている今、いろいろなところ(もちろんWEB上)で素敵な作品がたくさん見られるので、スマホ世代も観光客も参加出来るくらいフォトコンへの入り口がフラットに広く出来たら素敵なのですが♪
広く受け入れるようになった場合、敷居が下がった分品質の低下という弊害も多少出てくる可能性は否めませんが、現状では比較的熟練の高年齢の方に偏っているイメージがあるので、少なくとも今よりもっと幅広く集まる仕組みが見つかったら良いのになーともどかしく思います。

 

また応募もプリントでなくデータでの提出が導入されると非常に楽なのですが(笑)
ばらばらのプリント品質で集まるよりも(その技術を見るという意味もあるのかもしれませんが、そこまで高度なフォトコンではない気が……)、データで集まったほうが加工等のごまかしも利きにくい気がします。運営する側でデジタル的なノウハウが対応しきれないことなどが課題なのでしょうか……。

 

○最後に

結果の発表は3月上旬とのこと!まだひと月先……そのころには忘れてそうです(笑)

3月後半か4月には、展示会が見られるのでしょうか? 楽しみです♪(*´ω`)

2月ももう終わり……冬の終わりも近付き季節の移ろいの速さを感じます。。。