Wings of iridescence

I love the beautiful world. So I take pictures.

| Homepage | Facebook | Flickr | Instagram | Tumblr | Twitter |
美しい世界が好きで、写真を撮っています。
写真関係を中心に、その他備忘録等いろいろとだらだら書いています。
☆さらに詳しくはコチラ☆

新しいSNS ”Tsu” を始めてみて [ 始めてみた ]

先日、アメリカ発の新しいSNSらしい“Tsu” を、面白半分始めてみました。
Tsuについて、使ってみて調べてみて、わかったこと感じたことなど適当に書き連ねてみます。
要約すると非常に “あやしい” 印象です。僕はもうやらないかも。
(※あくまでも個人的感想です。

 

 

○Tsuとは

2014年10月にアメリカでスタートした新しいSNSです。

読み方は「スー」らしいです。そうどこかで日本語で書かれていたのを読んだだけなので、らしいです。語源はTsunami (津波)に由来するらしいです。なにやら津波と合成されたような画像も見かけた気がします。もしかしたらそれが起源のガセかもしれないので、あくまでもらしいです……らしいです。mayaです。

 

○Tsuの売り

Tsuの売りは、広告収入を利用者に還元する、という仕組みです。

SNSの大半は、多くの人に利用されることで、その利用者の視界の隅に貼った広告に効果が生まれ、広告収入を得ています。特にFBはユーザーを細かく分析し、狙った層に狙った広告が出せることを強みとしていると、聞いたことがあります。もちろんそれだけではなく、有料機能やコンテンツなど、それぞれに様々な収益ラインがあると思いますが。

Tsuでは、その収益の9割を利用者に還元するという、コマーシャルがなされています。9割って……。

 

○Tsuはねずみ講?

Tsuの広告収入還元の仕組みの最大の売りは、自分が招待したユーザーの収益の一部をもらえる、というものです。

私も、広告収入が還元される仕組み、には惹かれましたが、人気ブロガーやまとめサイト的な広告収入イメージでした。まぁSNSに、アドセンス機能がついた感じかなーという認識。自分の記事が、何十万回も見られければどのみち、数円にもなるかどうかという認識でした。そう、Youtubeのようにね!

詳しくはわかりませんが、ねずみ講やマルチ(それぞれちょっと違うらしい)と呼ばれるものに限りなく近いようです。

○Tsuをはじめてみて。

飛び交う友達申請の嵐でした。

友達申請やフォローがこれでもかと舞い、流れてくる情報も偏ったものばかり。他のSNSの延長で考えていましたが全く違う雰囲気……入る部屋間違った感びしばし。
危うく、周囲の空気に流されフレンドの最大数5000人とか目指しちゃいそうになりました。ほとんど許可しないまま、さらに解除して回りましたが←

ネトゲのアプデ後のような盛り上がり感は楽しそうにも見えましたが、とにかく友達をたくさん増やすことに重点をおいた方たちばかりだったのです。

 

○Tsuの中で見た人たちが目指していたもの

たぶんそれは、真っ先に始めて稼げる基盤を築く、こと……稼げるSNS、そんな文字がよく踊っていました。

解説動画を見ればやり方がわかり稼げる、こうこうこういう仕組みだからこうすれば稼げる、友達が増えれば稼げるから友達申請をたくさんすれば稼げる……。
ブログなどで紹介されているポジティブな内容には、そのようなものが多く見られた気がします。

多数の知らないフレンドの1/5000になり、なられる、そんな誰でもいいような人同士が繋がって何になるのだろう。そう感じてしまいました。

 

○たとえばFBが利益を還元してくれたとして……

2013年のFBの純利益でさえ2割。9割を還元することは非現実的です。

2013年のFBの純利益が15億ドル(約1800億円)、2014年9月の1日のアクティブユーザー数が8.64億人、(両データとも下記のブログから引用させていただきました!)から計算すると、単純に割り算で約200円(年間)です。この純利益、粗利益から様々な費用を引いた残りですが、計算すると割合としては粗利益の20%程度でした。8割はサーバ代や人件費、サービス構築など様々な要素に締められていることになります。

え、9割還元? そもそも、どう運営しているのか怖くなってきました。


【tsuから考えた】そもそもSNSの広告費が、何に使われていると思ってるの? | ASUE通信|リスティング広告運用代行代理店|ASUE(アスエ)

 

○デジタル無料神話

無料に慣れ過ぎていませんか?

よく考えると、企業にとって9割還元というのは9割引きみたいなものです。どれだけ割引コーナーやバーゲンを回っても、なかなか9割引きはお目にかかれないのに……。そう考えると9割還元は普通に考えて無理です。ネットが身近になり、サービス利用自体が無料なものが増え、無料というものに慣れ過ぎて来た昨今だからこそ、むしろ無料突破して利益出ちゃうよ!と言われてもすぐ疑えない人が増えちゃっているのかも、という気もします。(僕もです、はい。

改めて、無料のようなサービスの裏には様々な労力があることを認識させられました。

 

○最悪のケース

最悪の場合を考えてみると……。

情報を抜き取られたり、他のSNSを乗っ取られたり、を始めとしたリスクが考えられます。また、ねずみ講やマルチなどに該当すると誘うだけで利用者も犯罪者になる可能性がある、という記述も見かけました……。テラコワス。
運営元が不明瞭?という記事もどこかで見たような気がします。

Tsu、これから広がるのかはわかりませんが、ちょっと安心しては使えないかな、と不安な印象を受けてしまいました。

 

○最後に

以下の記事ではマルチとねずみ講の違いなんかも書かれていました。


話題のTSU(スー)がネズミ講ソーシャルまっしぐらでお腹痛すぎ!! (1/3)

うーん、一人が五人を招待すると12~13代でそれぞれ日本、世界の人口を越えるとか……。支払も小切手でしか出されず、受け取るコストが高い、また高額になると税金の関係で米国籍が必要になる?とか……。

 

そういえば、いくら稼げました!とキャプチャ画像を上げている方もいらっしゃいましたが、ページのソースちょこんと書き換えるだけで騙すだけなら簡単に作れちゃうとどこかで見かけたような。まぁそりゃそうか……(´・ω・`)

 

個人的に、外国の方と写真で繋がれたらな―、なんて思っていましたが、まぁ他のSNSでも出来ますしね!真新しさに飛びついちゃってアチチという感じでした……。


Yahoo!ニュース - 「実名放棄」か、「稼げるSNS」か “ポストフェイスブック”を狙う2つの新勢力 (ダイヤモンド・オンライン)

他にも新興のSNSに匿名性を重視した「ello」なんてのもあるんだとか……。
そっちはどんなSNSなのでしょう? ちょこんと気になります(*´ω`)